社会福祉法人柏市社会福祉協議会|相談・支援|ボランティア|福祉教育|地域支援|子育て支援|生活支援|介護予防

206254
qrcode.png
http://kashiwa-shakyo.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会福祉法人
柏市社会福祉協議会
―――――――――――――――――――
〒277-0005
千葉県柏市柏5丁目11番8号
介護予防センターいきいきプラザ
TEL.04-7163-9000
FAX.04-7163-9300
―――――――――――――――――――
 

介護予防センターいきいきプラザ

   
【問合せ】地域福祉課 地域支援グループ
     ボランティアセンター担当 電話:04-7165-0880 (事務所案内
 

概要

概要
 
介護予防センターいきいきプラザ(柏五丁目11番8号)で、介護予防の普及や介護予防に係る地域活動を応援する講座の企画・実施(年12講座程度)、ミニコミ誌「マキコム」発行、介護予防グッズの貸出、「げんきりんたいそう」の普及・啓発を行っています。
 

介護予防ミニコミ誌「マキコム」

介護予防ミニコミ誌「マキコム」
 
 

介護予防グッズの貸出

介護予防グッズの貸出
   
 

柏市オリジナル歌体操 かしわっぱ「げんきりんたいそう」

柏市オリジナル歌体操 かしわっぱ「げんきりんたいそう」
 
かしわっぱ「げんきりんたいそう」は、柏市のみんなが元気になるように、市民の皆さんと柏市が協力して作りました。
この体操には、基本となる「かしわっぱ体操」をはじめ、「健康いきいきはつらつ編」、「栄養編」、「脳の体操編」、「首・肩体操編」、「腰の体操編」、「膝の体操編」の7曲で構成され、からだだけでなく脳やこころも元気になるようなたくさんのエッセンスが詰まっています。
ぜひ、地域の集まりで、自宅で、また施設、会社、学校など様々な場面でご利用いただければと思います。
【他市町村・各関係機関の方へのお願い】
この歌体操は、柏市民だけでなく、多くのかたが元気になることを願って作られたものです。
著作権は柏市にありますが、健康づくり、疾病予防及び介護予防などの目的でご使用の場合は、ご自由にお使いいただくことができます。なお、営利目的でのご使用はお断りさせていただきますので、ご了解ください。
(注意)
「げんきりんたいそう」のうち「かしわっぱ体操」はヤマハのシーケンサーQY70を利用して作成しています。
 

講座日記

講座日記
フォーム
 
知って安心セミナー「目からウロコの栄養講座」~厚さを乗り切る編~
2015-07-08
 知って安心セミナーで「目からウロコの栄養講座」を開催しました。
 梅雨~真夏にかけての栄養の摂り方や水分補給等、熱い時期を元気に過ごすためのポイントについて学びました。
 講師は、栄養講座でおなじみの中村管理栄養士さんです。
 脱水を防ぐためにはこまめに水分補給することが大切で、お酒を飲んだらその1.1倍の水分が必要だそうです。また、シャワーだけでなくきちんと湯船につかることで(内臓が温められ)、安眠につながるそう。
 夏バテを防ぐための食事のポイントについても参考になるお話をたくさん伺いました。
 
 後半では、大塚製薬工場さんのご協力を得て、熱中症の予防対策についてお話しをしていただきました。
 経口補水液[OS-1]を試飲して、美味しいと感じる人は既に”脱水傾向”にあるとのこと。
”脱水予防”には、塩分や当分が含まれている水分でないと効果がないということも改めて知ることで、まさに”目からうろこ”の講座でした。
 
 
 
セカンドライフ応援講座「心と体のエクササイズ!ウォーキングセミナー」
2015-06-16
 
 ウォーキング講座を開催しました。
講師はおなじみの「ウォーキングサポート柏」,副代表の大神智恵子さんです。
 
1日目の講座は、美しく歩くためのポイントや正しいシューズの履き方、また絶対ほどけない靴ひもの結び方等を教えていただき、とても参考になりました。
さらに屋外で、自分の歩幅や脈拍について調べてみました。
 
2日目の講座は、ウォーキングを活かした地域活動の紹介をしました。
「エンジョイパトロール」や「GoGOウォーキング」に多くの方が登録されました。
その後は、いよいよ外に出ての「実技指導」です。生憎の小ぬか雨の空模様でしたが、頑張って高田緑地まで歩きました。到着するころには、雨が上がりホッとしたところで、染谷ブルーベリー農園でブルーベリー狩をしました。口いっぱいにさわやかな甘みが広がり、何とも幸せな気分に浸りました。
染谷農園さま、お世話になりありがとうございました。
 
これからも学ばれたことを上手に毎日の生活に取り入れ、日々の暮らしの中でウォーキングを楽しんでくださいね。
 
 
 
 
栄養講座初級編「高齢期に心掛けたい栄養の摂り方」
2015-05-28
 
「高齢期に心掛けたい栄養の摂り方』についての講座を開催しました。
 
講師はおなじみの管理栄養士の中村信子さんです。
副交感神経を優位にする食べ物(乳製品や発酵食品等)が、免疫力をアップにつながるそうです。
また、免疫力が下がっていないか自己チェックをしたところ(3点~6点)の方が多く、日頃から食生活や健康に気を配っている参加者が多かったのが印象的でした。
 基本的な食生活について参考になるお話がたくさん伺えました。
 
続いて、ヤクルト販売の鈴木さんから「腸内環境」の話をしていただきました。
消化器の着ぐるみ(?)を身にまとい、小腸の長さがどのくらいあるのか?実際の長さを模擬のタスキで示してくださり、その長さ(6m)にみなびっくり!!
腸が体内最大の「免疫臓器」であることも改めて認識でき、とても勉強になりました。
 
より豊かなシニアライフを送っていただくための参考にしていただければと思います。
 
 
 
 
地域活動応援ワークショップ「おちゃのま体操サロン編」講習会
2015-05-08
 
サロン等で手軽にできる「おちゃのま体操サロン編」を体験する講座を開催しました。
 
講師は、「おちゃのま体操」を考案された村松郁恵さんです。
村松先生から、体操の一つ一つの動かし方やその効能について丁寧な説明や実技指導があり、納得しながら学ぶことができました。
 
「おちゃのま体操サロン編」の中に、転倒予防で足底筋を鍛える体操があり、それに合わせてタオルギャザー体操の指導もありました。(足の指を使ってタオルを動かすのって意外と難しいんです!)
 サロンで競争してみると盛り上がるかも知れませんね。
 
 過去にいきいきプラザで行われた講座に参加したことのある参加者が多く、休憩時間等に積極的に交流する姿が見られ、交流の輪が広がっているようでとても嬉しく思いました。
 
 「おちゃのま体操サロン編」、ぜひ地域で広めていただけたら幸いです。
 「おちゃのま体操サロン編」のDVDをご希望の団体には、配付しますのでボランティアセンターまで連絡ください。
   
  ボランティアセンター ☎:04-7165-0880
 
地域活動応援講座「サロンのレクリエーションパワーアップ法」その2
2015-04-24
 
認知症予防プログラム3Aを体験する講座を開催しました。
 
3A(スリーエー)の言葉の意味は、”明るく”、”あたまを使って”、”あきらめない”の頭文字を取ったそうです。
 
講師は、「認知症予防ネット千葉」の、小此木真理子さん、佐藤正一さん、岸さんの皆さんです。
 
認知症予防プログラムは、20種類のゲームがありますが、今回は13種類のゲームを体験しました。
 
指の体操から始まり、上半身の運動、頭の体操、道具を使ったゲームへと順を追って実施しました。
 
簡単な遊びから、互いの身体に触れる体操、最後には勝負性のあるゲームへと展開していき、初対面の人同士が徐々に心が通い合えるような仕組みになっていることが理解できました。
 
失敗しても決して責めない、優しさをシャワーのように浴びせ褒めたたえること、失敗することで逆に笑いが生まれ、楽しい気持ちになることが実感できとても楽しいひとときでした。
 
認知症がある方でも、自信を持ってゲームに参加できます。
 
講座は大変好評で、「継続して学びたい」との声が多く寄せられました。
 
「認知症予防ネット千葉」のみなさま、素敵なありがとうございました。
 
 
 
|TOP(非表示)|柏社協とは|会員・寄附・募金のお願い|楽しく参加!イベント情報|発行物・広報紙|事務所案内|はぐはぐひろば沼南|募集中の求人|困ったときは まず相談|”想い”と”力”をつなげる|やさしい”こころ”をひろげる|支えあいのまちづくり|安心子育てライフを|困ったときは お互いさま|いつまでも いきいきとした生活を|みんなのサポーター|地域健康福祉活動計画|地区社会福祉協議会|
<<社会福祉法人柏市社会福祉協議会>> 〒277-0005 千葉県柏市柏5丁目11番8号
介護予防センターいきいきプラザ TEL:04-7163-9000 FAX:04-7163-9300