社会福祉法人柏市社会福祉協議会|相談・支援|ボランティア|福祉教育|地域支援|子育て支援|生活支援|介護予防

194506
qrcode.png
http://kashiwa-shakyo.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会福祉法人
柏市社会福祉協議会
―――――――――――――――――――
〒277-0005
千葉県柏市柏5丁目11番8号
介護予防センターいきいきプラザ
TEL.04-7163-9000
FAX.04-7163-9300
―――――――――――――――――――
 

成年後見制度の相談・支援

   
【問合せ】相談支援課 かしわ福祉権利擁護センター
     福祉権利擁護担当 電話:04-7163-7676 (事務所案内
 

かしわ福祉権利擁護センター

かしわ福祉権利擁護センター
 
成年後見事業
 高齢者や障害者等の意思能力・生活状況に応じて、成年後見制度の相談・講習会などを行っています。
   
センターが行う主な業務
 成年後見制度に関する相談  成年後見制度、書類作成に関する相談に応じます
 成年後見制度の普及啓発  成年後見制度に関する講習会を開催します、また出張講座もいたします
 権利擁護に関する関係機関と
 の連絡調整
 高齢者、障がい者に関する機関との連携を図ります
 高齢者及び障がい者の成年後
 見人、保佐人、補助人としての業務
 社会福祉協議会が法人としての後見人業務を行います
 市民後見人の養成、育成  市民後見人養成講座を行います、また講座修了者を対象に育成業
 務も行います(平成25年度に養成講座は行いません)
 

成年後見制度

成年後見制度
 
成年後見制度とは?
 認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で判断能力の不十分な方々は、現金・預貯金・不動産などの財産を管理したり、福祉施設・介護サービスでの各種契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりすることがあった場合、自分で手続き等を行うことが難しいことがあります。また自分に不利益な契約であった場合でも、十分に判断できず契約を結んでしまい、悪徳商法などの被害を受ける恐れがあります。
 このような判断能力が不十分な方を保護し、支援するのが成年後見制度です。この成年後見制度には大きく分けると「法定後見制度」と「任意後見制度」があります。
 
法定後見制度とは?
 法定後見制度には「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の程度など本人の状況に応じて利用できるようになっています。
 法定後見制度は、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人)が、本人利益を考えながら、本人に代わり契約などの代理行為を行ったり、本人にとって不利益な行為を後から取り消したりすることによって、本人を支援します。
 
任意後見制度とは?
 任意後見制度は、本人に十分な判断能力があるうちに、将来判断能力が不十分な状態になった時に備えて、あらかじめ本人が自ら選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公正証書で結んでおくものです。そうすることで、本人の判断能力が低下した後に、任意後見人が任意後見契約で決めた事務について、家庭裁判所が選任する任意後見監督人の監督のもと、本人を代理して契約等することによって、本人に意思に従った支援をすることできます。
 
|TOP(非表示)|柏社協とは|会員・寄附・募金のお願い|楽しく参加!イベント情報|発行物・広報紙|事務所案内|はぐはぐひろば沼南|募集中の求人|困ったときは まず相談|”想い”と”力”をつなげる|やさしい”こころ”をひろげる|支えあいのまちづくり|安心子育てライフを|困ったときは お互いさま|いつまでも いきいきとした生活を|みんなのサポーター|地域健康福祉活動計画|地区社会福祉協議会|
<<社会福祉法人柏市社会福祉協議会>> 〒277-0005 千葉県柏市柏5丁目11番8号
介護予防センターいきいきプラザ TEL:04-7163-9000 FAX:04-7163-9300